外国人材採用までの流れ

技術・人文知識・国際業務 在留可能期間

在留可能期間は、3カ月/1年/3年/5年のいずれかです。 初めての申請で、最長である5年間の在留可能期間が認められる場合もありますが、それは採用される人材が極めて優秀である場合や、採用する企業や団体の規模が大きく、経営状態が優れている場合がほとんどです。 それ以外は、初回の申請で在留可能期間が1年間のビザを取得し、在留期間を延長する更新の手続きを重ねることが一般的です。 在留期間を延長する更新の手続きは、特に回数制限は設けられていません。回数を重ねて、日本での就業期間が長くなると、在留期間の長いビザが許可される傾向にあります。 「技術・人文知識・国際業務」ビザは在留可能期間が設けられているため、当該ビザでいる限りは更新し続けなければなりません。 しかし、10年以上日本に居住していることに加え、5年以上就労系のビザで日本で活動しており、安定した収入や資産があると証明できる場合においては、永住許可申請をして許可がおりる可能性があります。


TEL 03-6427-1573